柴犬と遊ぶ

ドッグランのメリット♪柴犬パンがドッグランで見せてくれた感動の姿!

柴犬とドッグラン ドッグランで遊ぶ犬

犬を飼っている方なら、一度は気になるドッグラン。「ドッグランには週一で行ってるよ」という人もいれば、「ドッグランは年に1回ぐらいかな」という人も。もしくはまだドッグランに行ったことがない人もいますよね。

そこで、今回は家の黒柴パンちゃんのドッグラン実体験を交えつつ、ドッグランの様子やドッグランのメリットや注意点についてお伝えします♪

犬にとってドッグランのメリット

つなぎ服と犬

ドッグランのメリット1:犬がフリーで走り回って遊べる!

やはり最大のメリットはリードなしで自由に思いっきり遊べる事ですね。普段のお散歩では絶対にリードをしなければいけないので、飼い主さんと一緒に歩いたり走ったりはできても、犬が完全に自由になって走り回ることはできません。犬がドッグランで思いっきり走ったり遊んだりできれば、犬の心と体の健康に大きくプラスになります!

ドッグランのメリット2:飼い主も安心できる

たとえ、山奥で人が誰もいなくてノーリードにできたとしても「犬がどこかに行ってしまったらどうしよう・・」という不安はあるはず。でも、ドッグランなら必ず囲いがあり、犬はその外に出る事はできないので飼い主さんも安心してリードを外すことができます。もちろん、ドッグランの中だからといって、犬から目を離して良いというわけではないのでそこは気を付けなければいけませんね◎

ドッグランのメリット3:他の犬と触れ合う事ができる

犬にとって思いっきり遊んだり走り回る事も大事ですが、他のワンちゃん達との交流や社会化もとても大切なこと。ドッグランでは、他の色んな犬達が沢山いるので、自分の犬とご挨拶させたり一緒に遊んだりすることもできます♪

ドッグランでの注意点や気を付ける事

ドッグランのメリットと注意点

注意ポイント1:予防接種の証明書

ドッグランでは、犬の予防接種と狂犬病の予防接種の提示を求められる場合が多いです。書類の提示だけでなく、ドッグランで登録証を作る必要がある場合もあるので、あなたが行きたいと思っているドッグランがあれば、まずどういう書類や手続きが必要なのかを確認してみてくださいね。また有料のドッグランもあれば、無料のドッグランもあるので、そのあたりもチェックが必要です◎

注意ポイント2:ドッグランのルール

それぞれのドッグランに、それぞれのルールがあります。「犬におやつあげるの禁止」「ボール等のおもちゃで遊ぶの禁止」「飲食禁止」「2歳以下の子供が入るのは禁止」「2匹以上の犬を同時にドッグランに入れるのは禁止」など様々。なので、利用するドッグランの禁止事項もよく確認してから、犬とドッグランに入る必要があります。

注意ポイント3:犬から目を離さない

先ほども少し触れましたが、ドッグランには囲いがあるからといって自分の犬から目を離していると、思わぬトラブルが発生してしまう事があります。目を離したすきに「他の犬と喧嘩になった」「食べてはいけないお菓子やゴミを食べてしまった」「他の子のボールをとってしまっていた」など。なので、ドッグランにいるときも飼い主は自分の犬をよく見ておくことが大切です◎

注意ポイント4:地面の石ころや砂利に注意を

これは、実際にうちの柴犬パンに起きた事です。ある東京のドッグランでパンが沢山走って遊んだ後、家に帰ると後ろ足が両方とも肉球と肉球の間を少し怪我していました。幸い怪我は大した事なくて何日かすると治ったのですが、どうやら走っていた時にドッグランの地面に沢山あった小さい石ころや砂利が足裏の間に入って傷になってしまったようです。パンみたいに勢いよく踏み込んで走るワンちゃんは、ドッグランの小石や木の枝等で足裏が傷付きやすいと思うのでご注意を◎ちなみに、地面が柔らかい土や草になっており砂利や小石が少ないドッグランでは一度も足の裏に怪我をしたことがなかったので、今はそういうドッグランを選んで利用しています♪

大人しい黒柴がドッグランで見せた驚きの行動!

うちの黒い柴犬パン。パンもよく地域のドッグランに遊びに行きます。パンは普段公園では大人しく座っていたり匂いを嗅いだりする事が多くて、あまり他の子とはしゃいだり遊んだりしません。しかし!ドッグランにくるとパンはずーーーっと走り回り遊びまくり、目を輝かせて生き生きしているんです!

初めてドッグランに来た時はパンの豹変ぶりに本当に驚きました。初めてのドッグランには、柴犬のパンが普段大人しい事をよく知っているお友達と一緒に行ったのですが、その人も「信じられない!パンがこんなに走ってるところ見たことないよ。違う犬みたい!」と相当驚いていました。

「嬉しくて楽しくて仕方ない!」といった気持ちを爆発させて遊ぶ柴犬のパン・・・その姿を見た時、私はちょっと泣きそうになりました。そして、こんなにドッグランが楽しいならもっと早くから連れてきてあげれば良かったと少し後悔しました。

やっぱりドッグランは楽しいね♪

犬とドッグラン ドッグランで走る柴犬

やはり、普段のお散歩だけではリードがついているから身体が自由にならなくて、本気で楽しめないんでしょうね。日々のお散歩は勿論大事ですが、うちの柴犬の場合はドッグランで思いっきり走り回る事もかなり大事です。

ちなみに、豆柴サイズの小柄なパンはドッグランの「小型犬」の方を利用する事が多いです。どうやらパンは初対面の大きなワンちゃんだと、ちょっと怖がってしまうところがあるようなので。でも、小型犬のワンちゃんでも、大きな犬と遊べる子は、大型犬ブースで元気に皆と遊んでいるようです♪その子の体格や性格に合わせて、どのドッグランを利用するのか決めることも大事ですね◎東京や横浜のドッグランでおススメのところがあれば是非教えてください!