MENU
柴犬その他 日常

【柴犬と豆柴の違い】うちの黒パンは『柴犬』なの?それとも『豆柴』なの?

パンママ(黒柴女子パンのママ)です。

黒柴女子のパンがお家に来てから1年が過ぎました。パンは去年の10月に1歳の誕生日を迎え、身体的にはすっかり大人の女性?です。が、ここで私たちにはある疑問が発生しました。

うちの黒柴パンは『柴』なの?『豆柴』なの??

パンは元々「豆柴」ではなく、ブリーダーから普通の柴犬としてお迎えしました。
黒柴パンの現在の体重は5.5㎏で小柄です。体型的には痩せてもなく太ってもない、中間の肉付きで体重が5.5㎏。これが、まだ6ヶ月の子犬であれば「これから成長するし、そしたらもっと大きくなるなー」と思うところですが、黒柴パンはもう1歳半という年齢で、もうこれ以上身つきが大きくなることはないのです。

もしかしたら他にも「本当はうちの子は柴犬なの豆柴なの?」「豆柴と柴犬の違いは何?」という疑問を持っている人もいるかもしれないので、柴犬と豆柴の定義や周囲の人から聞いた答え、豆柴にまつわる私の恥ずかしい失敗談等をまじえつつ、検証していきたいと思います!

豆柴の定義って何?柴犬と豆柴の違いは?

犬の体高 柴犬の体の大きさ

どういう条件が揃えば「豆柴」っていうの?

当たり前かもしれませんが、そもそも豆柴も柴犬なんですよね。
実は豆柴という犬種は存在しなくて、日本で豆柴と呼ばれている犬達も、全て犬種は柴犬という事になります。なので豆柴でも柴犬でも、血統書には「柴犬」と表記されます。ちなみに日本犬保存会でも、今までもこれからも豆柴という犬種を認めない意向が強いようです。

でも犬種や血統書上はどうであれ、ペットショップやちまたでは、確かに「豆柴」というジャンルが存在しています。

じゃあ、世間一般で言う豆柴の条件や柴犬との違いはというと、成犬時の体高や体重によるみたいです。

豆柴の基準体高と体重

体高:30~34㎝
体重:4~6kg

で、今改めて家の黒柴パンちゃんの体高と体重を図ってみると・・・

パンの体高:34㎝ / パンの体重:5.5㎏

ギリ豆柴。

単に測定の数値だけで言うと黒柴パンは豆柴になるかもしれません。でも本当にパンは豆柴なの??

しばいぬパンを見た時の周囲の反応

はじめて柴犬パンを見て声をかけてくださった方の第一声で多いのが「豆柴ですか?」です。遠くからパンを見て「あ、豆柴だー」と言う人も多いです。ワンちゃん友達が沢山集う公園でも、しょっちゅう皆に「パンちゃんは豆柴だね」と言われます。つまり周囲の人から見て、パンは豆柴になります。

だから、パンのパパとママである私達も、パンが豆柴だと言われたら「そうかな~豆柴なのかな~」とか他の方に言ってるのですが、実は納得できない部分があったりします・・

そもそもパンを豆柴と思ってお迎えしていなかった

私たちはもともと豆柴さんを探していたのではありませんでした。ペットショップや里親募集の掲示板やブリーダーさんなど色んな場所を調べながら、家族となる犬を探していました。

そこで、最終的に巡り合えたのがとある横浜のブリーダーさんの元にいた黒柴の女の子(現パン)だったのです。そのブリーダーさんからは一言も「この子は豆柴です」と言われていません。私たちもこの子は黒い柴犬としか考えておらず、成犬時の体重も7㎏~10㎏ぐらいになるかなーと想定してお迎えしました。

ちなみに、豆柴の生体価格相場は30~50万円くらい(高いところは60万以上)という感じだそうですが、パンは豆柴ではなく柴犬としてブリーダーさんに育てられていた事から、豆柴の相場よりもっと低いお値段でお迎えさせていただきました。

そういう経緯もあり、他の人が見たときパンが「豆柴」でも、私たちの中ではパンは「ちょっと小柄な柴犬」という方がしっくり来るんです。

私たちの失敗談とまとめ

柴犬と豆柴の違い

パンパパとパンママの私達は、豆柴へのこだわりがなかった為もあり、ちょっと配慮に欠けた言葉を人に言ってしまった事があるんです・・・。

ある日私たちはホームセンターで、カートに乗った仔犬を見かけました。私達から見ると、その子は柴犬の仔犬さんでした。なので、飼い主の方に「柴犬さん、可愛いですねー!」と言うと、その方は少しムっと気分を害された様子で「・・・豆柴です」と答えられました。

「あ!しまった!」とその時気づきました。他の方達の中には、豆柴が欲しくて一生懸命探したり、こだわりを持って選んだりしている人がいます。お値段だって安くないはずです。それなのに私達が柴犬と思い込んで声をかけるのは、ちょっと配慮が足りなかったのかもしれません。

なので、今後は小さい柴犬の子がいたら決めつけずに「豆柴さんですか?柴犬さんですか?」とまず聞こうと思います。

結局ここまできて、パンが柴犬なのか豆柴なのか、良くわかりません。
私達の気持ちとしては「豆柴だろうが柴犬だろうが、その子が元気だったらなんでもいい♪」です!

なのでこれからも、ある時は豆柴またある時は柴犬の黒パンと元気に楽しく暮らして行きたいと思っています♪